Client Works

NTTドコモ協力の下、MRグラスアプリを
ニトリビジネス&リフォーム・企業様向けショールームに導入。

Client :
株式会社NTTドコモ

Question 01

今回のプロジェクトの概要を教えて頂けますでしょうか。

株式会社NTTドコモと株式会社ニトリにより、2021年3月10日よりグランフロント大阪 北館 3 階「ニトリ 企業様向けショールーム(NITORI BUSINESS&REFORM)」にて、空間コンピューティングデバイス「Magic Leap 1」(※1)を活用した XR 体験の実証実験を開始しました。実施にあたり、両社での検討は2020年11月より開始しましたが、その初期段階からアプリケーション開発全般をx gardenに依頼しました。

ショールームでは「Magic Leap 1」を活用し、現実空間の中に複数のパターンのシステムキッチンの3Dオブジェクトをデジタル情報として配置でき、豊富なカラーバリエーションやオプションの中から、お客さまが自分好みの組み合わせを直感的に選んで体験することができます。従来のショールームでは、設置スペースのサイズによりお客さまが実際に体験できるカラーバリエーションや、オプションの組み合わせの数には限界がありました。

しかし本アプリを用いることでその限界を超えて、お客さま好みにカスタマイズした3Dモデルを見ることができます。また、これらの体験を複数名で同時に行うことができるため、お客さま同士での感想の共有や、従業員からのスムーズなご案内が可能となります。

※1 「Magic Leap 1」は Magic Leap 社の軽量なウェアラブルヘッドセットで、リアルとデジタルを融合したインタラクティブな世界を提供します。モニターがなくても、シームレスにデジタルコンテンツに見て触れることが可能です。
※「Magic Leap 1」は、Magic Leap, Inc.の商標です。

Question 02

弊社、x gardenをパートナー企業に選定頂いたポイントや、実際にプロジェクトを伴走したご感想をお伺いできますでしょうか。

選定させて頂いたポイントは2点あります。
1つ目は「社内評判の高さ」で、以前より弊社別部門とのお付き合いがあり、対応の良さや実務遂行力に関する評価が高かったこと。2点目は「開発力の安定感と柔軟性」で、オフィスにご招待頂きMagic Leap 1やその他デバイスで動くデモアプリを数点拝見し、技術力の高さと短期での納品にもスピーディに対応して頂けそうでした。

そのような点から、複数社にお声がけさせて頂いた結果、x gardenと組むことを決めました。

実際にプロジェクト運営が始まってからは、ニトリ様・弊社の思うアプリ設計をクイックに具現化してくださり、短納期での開発案件を完遂くださいました。

システムキッチンの3Dオブジェクト化部分では、3Dのデータがなく、2D画像や図面データなどから制作頂くことになりましたが、それでも限られた開発期間の中で、高いクオリティで実装くださいました。

現場での運用フェーズについても、丁寧な対応を頂き感謝しております。作り上げるだけではなく、現場での運用がスムーズに進むところまでしっかりと伴走頂いたことで、高い評価につながったものと感じます。

Question 03

プロジェクト実施の結果(お客様の反応や業界内の反応など)を教えて頂けますでしょうか。

上述させて頂いた通り、お客様からの評価はとても高いです。
ショールームでは体験者様に実施後に体験アンケートをお願いしているのですが、高い評価を頂けており、さらなる進化への期待を頂いております。(例として自宅で家具配置体験がしたい、別商材でも同じような体験をしてみたい、など)

また業界内での反応という点では、同業他社様から弊社への問い合わせが数点入っていることや、別業種のお客様からも若干ですが問い合わせを頂いております。コロナ禍においては、外出自粛や規制の影響などで店舗へのお客様来店機会は減少傾向にあります。そのような中でもご来店くださる来店者様に対しての顧客満足度向上への寄与に対する期待や、来店されないお客様に対してのXR技術(※2)を活用した新たな購買体験価値提供への期待の現れかと思います。

弊社はこれからもXR技術を活用した新たなコマース体験のご提案にむけ、x gardenとも連携しながら推進してまいります。今後とも宜しくお願いいたします。

※2 XR とは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)といった先端技術の総称です。

Credit

  • Client

    株式会社NTTドコモ

  • interviewee

    ビジネスクリエーション部
    主査 吉村雅彦様

  • Director

    Kohei Imaizumi

  • Engineer

    Shun Yoshida

  • UX Design

    Shun Yoshida

  • 3D CG Design

    Kengo Masuda

Contact